So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

アニソングランプリ、2014年(第8回)は中止に。一体何故?優勝者は何を思う? [芸能関連]

アニソングランプリ2014年開催の第8回中止になることが、主催サイトで明らかになったようです。優勝者やファイナリストはアニソン歌手になった者もいれば声優になったものもいたそうです。


アニメ好きもアニソン好きも楽しみにしてたであろうこのイベント(オーディション)、参加者も着実に増えてたのに一体何故中止になったのでしょう?



HIMEKA


どうやら、ここ最近のアニソングランプリでは、グランプリの選考基準に疑問を持つような意見が目立つようになり、大会委員長であるアニソンの帝王こと水木一郎に苦言を呈するようなこともあったそうです。しかも、審査委員長のツイッターが炎上したりと大荒れだったようで。


あまりにも不可解な選出に一部ネットでは「実は既に決まってて出来レースなんじゃないのか」といった邪推まで出るほど不信感が募ってたようですね…


個人的にはそんなことあるわけ無いだろうとは思いますし、そういったことは当事者にしか分からないので、外野が勝手に断定すべきじゃないと思いますね。


こういった経緯が今年のアニソングランプリ中止に影響があったのか定かではありませんが、少なからず影響あるかもしれません。主催のアニマックスやその他協賛企業の都合で全く関係無いかもしれませんが…



喜多修平


ちなみに、歴代優勝者(グランプリ)は、


第1回:喜多修平(シングル9枚、アルバム3枚出すなど順調。作詞作曲能力もあるらしい。)

第2回:HIMEKA(日本のアニメ、アニソン好きなカナダ人。「アニソン界の黒船」等と呼ばれた。)

第3回:佐咲紗花(数々の有名オーディションで最終審査に残った経験あり。シングル8枚、アルバム2枚。)

第4回:河野マリナ(シングル3枚、アルバム1枚。弾き語りもできるとか)


第5回:鈴木このみ(アニソンでブレイクしたMay'nが目標らしい。ミュージカル経験あり。)

第6回:岡本菜摘(この方のグランプリ選出に疑問を呈する意見が続出。上記のような事態になったらしい。)

第7回:小林竜之(第1回の喜多修平以来の男性受賞)


こんな感じです。


岡本菜摘



前の1件 | -
Noritoの時事ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。