So-net無料ブログ作成

宮崎吾朗の次回作は何とNHK!! [TV番組]

宮崎駿監督の長男としても有名な映画監督の宮崎吾朗氏、次回作はいつか、どんなモノなのか、と期待されていたが、「山賊の娘ローニャ」のアニメに挑戦するらしい。ジブリではなくてNHKBSプレミアムで秋頃放送されるようで。これを機に新しくチームを結成するとのこと。

2006年公開の映画「ゲド戦記」でデビュー、2011年には「コクリコ坂から」。そして今年はTVアニメ。

「山賊の娘ローニャ」とは「長くつ下のピッピ」等でおなじみのスウェーデンの児童文学作家、アストリッド・リンドグレーンのファンタジー小説。山賊の一人娘であるローニャが森で生きる中、ビルクという少年と出会うという物語。

この作品はジブリで何度も映像化の話があったようだが実現せずにいたよう。そうこうしてるうちにNHK側の「良いアニメ作りたいが、なんかよい作品はないものか」という声があり、ではこれでということでスタート。

今作は「ジブリ作品」でなく、NHKが制作。スタジオジブリ離れて作品制作する吾朗監督。関係者によると「ジブリで2本映画作って、父親のあまりの偉大さを痛感し、ある種の限界も感じていたのかも。『これからどうする?じゃジブリ外でやっていこう』だそうです」というわけで、厳しい環境に自ら立つわけで。

「宮崎吾朗監督がジブリと父親の下から離れてどうなるか関心がある。そうするよう勧めたのは私」と鈴木敏夫プロデューサーは話す。ジブリの主要な人物が外部で仕事するのはめったにないことだが、これを通じて力つけて再びジブリに戻り未来のジブリを支えればという期待がある。

吾朗監督「少女の成長物語だけでなく、親子愛、成長、仲間との絆の物語でもあえう。大人から子供にまで楽しめるような作品を目指す」脚本は既に完成、現在は絵コンテを描く作業中。




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Noritoの時事ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。